効果について

Q1 抗菌加工後、触った時の違いはありますか?
A1 違いはありません。

Q2 抗菌加工後、加工前で見た目に違いはありますか?
A2 肉眼での違いはありません。

Q3 新型コロナには効果はありますか?
A3 新型コロナはまだ研究段階であり、現在どの検査機関でも検証出来ておりません が、他のウィルス及び、菌に関しては効果が検証されています。

Q4 抗菌コーティングをするとどのような効果がありますか?
A4 さまざまなウイルスや菌が定着しにくいだけでなく、変色やキズ、汚れが付きにくい効果があります。

Q5 PGやYGは変色しにくくなりますか?
A5 変色しにくくなります。

Q6 品質保持期間の5年とは、コーティング自体の効果ですか?それともコーティングの耐用年数のことですか?
A6 コーティング効果年数=コーティング耐用年数で、それが5年となります。

Q7 【5年】の根拠は実証されているのですか?
A7 "促進耐候性試験を行っております。促進耐候性試験とは、温度や湿度、日射などを人工的に設定することで部品の劣化を促進する実験です。
これにより、実際使用する段階でどのように劣化していくのかを知ることができ、さらに部品の寿命なども知ることができます。"

Q8 着けていれば、自分の身の周りにある様々なウイルスや菌を除菌できますか?
A8 "除菌効果はございません。
通常のジュエリーに比べ、ウイルスや菌の付着や増殖を抑える【抗ウイルス・抗菌】効果がございます。
 除菌・・・菌を取り除くこと
 抗菌・・・菌の増殖を抑制・阻害すること"

加工内容について

Q9 仕上げ直し、サイズ直しなどの際、コーティングは取れないですか?
A9 磨きや火を入れる工程でコーティングの効果はなくなります。

Q10 留まっている、親石、脇石への影響はありませんか?
A10 ダイヤへの影響はありません。エメラルドなども石そのものに付かないように加工いたします。

Q11 ダイヤにコーティングが掛かった時に、処理石にならないですか?
A11 処理石にはなりません。コーティング加工後のダイヤで鑑別機関で検証済みです。

Q12 真珠のネックレスに抗菌加工は出来ますか?
A12 加工出来ます。

Q13 キュービックジルコニアは抗菌加工しても大丈夫ですか?
A13 問題ありません。

Q14 抗菌加工が出来ない地金はありますか?
A14 全ての金種に対応しております。

Q15 コーティングの厚みはどれくらいですか?
A15 900ナノメートル(nm)です。(1㎜の9/10,000)

Q16 コーティングには何を使っているのですか?
A16 国際標準によって抗ウイルス・抗菌効果が認められた、弊社独自の特殊ガラスコーティング剤を使用しております。

エビデンスについて

Q17 抗菌効果はどこの検査機関で証明されたものですか?
A17 SIAA(抗菌製品技術協議会)により抗菌性、安全性、適切な表示が認められた抗ウィルスコーティングです。

Q18 SIAAとは何ですか?
A18 適正で安心できる抗菌・抗カビ加工製品の普及を目的とした国内外約500社が会員となっている団体、抗菌製品技術協議会のことです。

その他

Q19 海水、温泉は影響ありますか?
A19 高濃度の温泉水では変色の可能性があります。通常のジュエリーと同じように取り扱ってください。

Q20 台所洗剤などは付いても大丈夫ですか?
A20 問題ありません。

Q21 抗菌成分でアレルギーを起こすことはないですか?アレルギーが起こりうる成分が入っていますか?
A21 一般的なアレルギー物質は入っておりません。

Q22 コーティング剤【VIRUS BLOCK HardoLass™】の購入はできますか?
A22 コーティング剤の販売はしておりません。


お問い合わせ クロスフォー商品管理部
TEL☎055-232-9645(商品管理部直通) 担当:渡邊